無臭元工業株式会社

沿革

昭和35年

現在地に設立

『ネオ無臭元』、『魚集元』、『大漁元』上市

昭和37年

斡旋販売を開始する

し尿処理用促進剤『無臭元1000番』、『無臭元100番』上市

液体消臭剤『強力無臭元液』上市

昭和38年

浄化槽用の消化促進剤『アクセラーゼ1000番』上市

粉体消臭剤『ラバトリアンP』上市

昭和39年

無臭元工業株式会社と社名を変更

昭和41年

タイルトイレ用クリーナー『ハイクリーナー』上市

堆肥化促進剤『豊穣元』上市

昭和47年

船舶用浄化促進剤『無臭元COM』上市

昭和50年

小山工場竣工

昭和53年

現在の社屋完成

昭和54年

油脂分解促進剤の関連特許を取得

昭和56年

ゼリー状酸性洗浄剤の関連特許を取得

横浜市戸塚下水処理場で液体消臭剤の下水汚泥スラリーへの常時添加を実用化

昭和57年

三点比較式匂い袋法を臭気評価の指標として採用

昭和58年

艦艇用汚物処理剤『無臭元PC-S』防衛庁海上自衛隊仕様書規格に合格

昭和60年

処理状態の管理指標として酸化還元電位を利用し始める

昭和61年

消臭剤『強力無臭元液890』上市

平成6年

廃水処理用消臭剤の関連特許を取得

混入用スラリー型消臭剤『無臭元FV-M』上市

平成8年

粒状消臭剤『ラバトリアンGMシリーズ』上市

平成13年

固液分離補助剤『無臭元シュアー100K-S』上市

平成14年

酵素阻害型尿石防止剤の関連特許を取得

平成16年

天然系消臭剤『無臭元 楓』上市

平成20年

二酸化塩素発生型除菌消臭剤「無臭元シルフィ」上市

平成22年

無機系排水処理薬剤「メタル捕集元」上市

平成22年度「北国の省エネ・新エネ大賞」北海道経済産業局長表彰 受賞(有効利用部門)

平成23年

平成23年度「省エネ大賞(製品・ビジネスモデル部門)」審査委員会特別賞 受賞

平成28年

便槽用防臭防虫剤 上市

特許出願中

平成28年

VOC臭気対策用消臭剤 上市

平成29年

下水汚泥に関する消臭方法についての特許取得

特許第6172838号「汚水の処理方法」特許取得

特許第6216240号「汚水の処理方法」特許取得

平成29年

セブンカフェ消臭除菌剤 上市